2007_07
11
(Wed)21:19

リコとの出会い

なぜ「残りものに福がある」というブログ名にしたのか
という質問を受けて。


残りものに福
「人が取り残したものや最後に残ったものの中には、意外によいものがある」    大辞泉


そのままの話なんですがw
リコとの出会いを

リコと出会ったのは
2006年4月のこと

犬を飼うことに絶対反対だった母の気分が突然変わり
思いがけずOKが出た5日後のことでした
いろいろなペットショップを巡り、私と妹はすでに「パピヨン」と決めていたので
母の気持ちが変わったら大変と急いでブリーダーさんを探し、家族全員で行ってみることにしました

何件かを回ったあと行ったそのお店は
とてもキレイとは言えないところで
これまたキレイとは言えないケージに一匹だけいた犬。それがリコでした。

出会ったときのリコは
耳は立っていなくてパピヨン(蝶)ですらないファーレン(蛾)
顔の模様も左右対称ではなくて
しかも、ずっとケージに入れられていたためなのか、全然懐こくなくて
ブリーダーさんがケージを開けても角でカタカタ震えていて…
「この犬大丈夫?」と思っちゃうような犬でした

おまけにこのときすでに6ヶ月
「これ以上は大きくなりませんよ~」とか言われました
6ヶ月の犬って…売れ残り?
普通2,3ヶ月の小さくてかわいいときにもらわれていくはず…

愛嬌もなくて6ヶ月。。
「これってどうなの?」と私は思いましたが
それでも妹は気に入った様子。もう飼う気満々でいる。。

ブリーダーさんが言うには
「次の子犬まで最低3ヶ月はかかる」と

3ヶ月・・・気分屋の母の気持ちが変わるには十分すぎる時間
それにこの犬、うちが飼わなきゃ、もしかして誰にも飼われないかも。。
「売れないから自分がこの犬飼おうと思ってるんですよ~」とブリーダーさん
「そうか。だったら私たちが家族になりましょう」と私たちの意見は一致したのでした


ちょっと写真がきれいではないんですが
アップしてみます
resize0340.jpg
 飼い始めて3週間くらいのときかな
resize0339.jpg
 この少しあとには耳が立ってくれて
パピヨンになれたのです
resize0341.jpg
耳立ってないだけで結構違うよね? 



まぁ、見慣れてしまえばブスだってかわいく見えるし~
社会化が出来ていなくたって一緒に頑張ればいいんだし~
そして、思っていた以上に頭のいい子なのでした
resize0358.jpg
 『えへへ~』

ただ2,3ヶ月の小さい時にリコに会いたかったなぁ~とは思いますけどね
可愛かっただろうなぁー
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

そうだったのか…

リコは幸せ者だ!!!!!
きっと、ブリーダーに飼われてたら種犬如く扱われたのかな?
なんて考えながら今日のブログを読みました。
リコの小さい頃の写真は、どこか寂しげで、怯えた目をしていて、
見ているこちらが切なくなります。
そうした仕打ちをした人間を許してね…って思ってしまう。

けれど、大きくなったリコはとってもはつらつした表情で、
チャーミング!!愛嬌アリアリ!萌えオーラ炸裂!

家族みんなに愛されて、大切にされてきたんだなというのが、
よく分かります。犬って顔に出るよね!愛されているかどうかって。
私は、愛されて育ってきたリコちゃんの笑顔が大好きですよvv

2007/07/11 (Wed) 22:37 | ryou #- | URL | 編集 | 返信

あ~http://blog110.fc2.com/image/icon/i/F9CF.gif" alt="" width="12" height="12">だからかぁhttp://blog110.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12">よいタイトルだねhttp://blog110.fc2.com/image/icon/i/F9D1.gif" alt="" width="12" height="12">私も気づかなかったょ~ワラ

2007/07/12 (Thu) 15:32 | ゆり #- | URL | 編集 | 返信

No title

>ryouさん
本当に種犬になっていたかもしれないよ。。

リコはブリーダーの男が相当嫌いだったみたいでさぁ
最初「大柄の男」を見るたびに怯えてたもん。

今では大丈夫だけどね^^
たいていの人にはフレンドリーに接してます。

2007/07/12 (Thu) 23:33 | theodora #- | URL | 編集 | 返信

No title

>ゆりちゃん
気づこうよw
なんだと思ってたのさ?

2007/07/12 (Thu) 23:36 | theodora #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック